ワーホリ

ワーキングホリデー(ワーホリ)にかかる費用【1年間の場合】

ワーキングホリデー(ワーホリ)って1年間でいくらくらいかかるの?
どのくらいの費用を用意したらいいの?

ワーキングホリデー(以下ワーホリ)をするにあたり気になるのは「費用」ですよね。

わたし
わたし
今回は「ワーキングホリデーを1年する場合に、かかる費用」についてお話します。

また「ワーキングホリデーとは何か」、概要について知りたい方はこちらを参照ください。

ワーキングホリデーとは何か?【ポイントも紹介】 と疑問をもたれている方もいるのではないのでしょうか。 今日は 「ワーキングホリデーとは何か」 「ワーキング...
スポンサーリンク

ワーホリにかかる費用

1年間の滞在で約200万くらい必要になります。

気になる「内訳」を詳しく説明していきます。

  • ワーホリビザ申請代(約2~3万)
  • 航空券(往復20万弱)
  • 海外保険(約20万程度)
  • 語学学校の授業料(月10万程度)
  • 生活費(月10万以上)

 

仮に語学学校に3か月通うとすると…

(ビザ申請代2万)+(航空券往復20万)+(海外保険20万)+(語学学校費10万×3か月分)+(生活費10万×12か月分)約200万

となるわけです。

この内訳は、為替レートや物価が異なるため、国によって価格が異なります。

今回は、ワーホリ人気国でもあるオーストラリア・カナダ・イギリスを例に交えて説明します。

 

他の人気国やその特色を知りたい方はこちらも合わせてご覧ください。

ワーキングホリデーの国選びのポイント【人気5か国も紹介】現在、日本がワーキングホリデー協定を結んでいるのは「26の国と地域」です。 ワーキングホリデーをするにあたり最初に決めることは「ど...

ワーホリビザ申請代

ワーキングホリデーのビザを申請するのにお金がかかります。その費用のことです。

  • オーストラリア:約3万5000円
  • カナダ:約1万5000円
  • イギリス:2万5000円
たいていの国は約2万~3万円といったところです。

※もしビザの代行業者をしようする場合には、これに加えて手数料などもかかってきます。
ビザ代行業者についてはこちらの記事を参考にしてください。

【最低限の準備】ワーキングホリデー【プランニング方法】ワーキングホリデーをしようと決めたはいいものの。 とわからないことが多いですよね。 まず、ワーキングホリデーするうえ...

航空券

たいていの国は往復20万弱と思っておくと良いです。
  • オーストラリア:約10万
  • カナダ:約15万~20万
  • イギリス:約20万

※金額は往復です。

帰国日が決まっていない場合が多いため、片道で購入する場合が多いかもしれませんが、予算は往復分でカウントしてください。(帰りの航空券代が無いなんて悲劇が無いように。)

往復で購入すると割引があるケースや逆に片道で割高な場合があります。
また、直行便・乗り換えあり・格安航空の利用などでかなり変動するところです。

航空券は唯一節約できるところかもしれません。

現在、新型コロナウイルス拡大の影響で航空会社への損害が大きく、航空券が値上がりするということも予測されているようです

これからワーホリを考えている方は航空券代は多めに見積もっておくといいかもしれません。

海外保険

海外保険はどこの国も約20万ほどかかります。

異国の地で、「事故に巻き込まれる」「体調を崩す」などありえる話です。
安くても15万以上はかかるでしょう。

何があるかわからないので、きちんとした保険を必ず用意しましょう。

語学学校の授業料

何か月学校に通うかによりますが、1か月で約10万以上はかかってきます。

3か月語学学校に通うなら30万、半年なら60万といった具合です。

国によって可能な就学期間が異なるので、最大就学可能期間は確認しましょう。

また、イギリスは、カナダ・オーストラリアなどと比べて語学学校代が高い傾向にあります。

生活費

ライフスタイルで大きく変動します。月10万は必須といえるでしょう。
ホームステイ アパート
オーストラリア 月8~10万程度 15万程度
・家賃月10万以上
・生活費5万程度
カナダ 月8万程度 13~14万程度
・月10万程度
・生活費3~4万程度
イギリス 月10万前後 15万程度
・月10万以上
・生活費5万程度
  • アパートの場合は、シェアすると費用が抑えられます。
    しかし、家賃だけでなく、光熱費や食費もかかるので注意しましょう。
  • ホームステイは食費などもすべて含まれた値段になります。
  • 自炊するか、外食をするかなどライフスタイルでも大きく変わります。
  • 国の中でも滞在エリアで変動します。(例えば、オーストラリアはシドニーだと家賃が高めですが、ケアンズやパースに行くと少し下がるようです。)

費用の準備で注意したい点

現地で働いて稼ぐ予定の収入は入れない

現地で稼げばいいんじゃない?200万も用意する必要ある?そんなに必要?

そう思っている方もいるでしょう。

渡航の費用と2~3か月分の滞在費だけ用意して、あとは現地で稼ごうと楽観的な方もいるかもしれません。

英語力に自信もあって、運よく高収入の仕事が見つかればいいですが、現実はそう簡単ではありません。

外国は失業率の高い国も多いです。
その国の人が、働き手が無いのに、外国人の期限付き滞在者を雇おうと思いますか?

滞在費が底をつきて、やむを得ず帰国せざるを得ないなんてもったいないです。

働いて得る収入を当てにせず賃金を見積もっておくことが重要です。

語学力によってかかる費用に差が付く

安く抑えるためには、「現地での生活力」=「英語力」が影響してきます

語学が出来ないのに雇いたいと思う事業主は少ないでしょう。
(日本語の需要がある仕事なら別ですが…)

極端な話、語学力に自信があるなら語学学校に通う必要はありません。(語学学校に通うのは義務ではありません。)そういう意味では、語学学校に通わないだけでかなり費用は抑えられますよね。

為替レートや国によって左右する

先ほどもお話した通りです。

  • 為替レート
  • 国(さらにはその国の中の地域)
  • 物価

こういったことで大きく変動します。

ましてや、滞在費用は日本円→外貨へ両替しますよね。

長期滞在で、数百万の規模だと、為替レートの影響は大きいです。

レートの変動や、その国の情勢などもリサーチしておくと良いでしょう。

まとめ

今回は、「1年間ワーキングホリデー(ワーホリ)をした時にかかる費用」についてお話ししました。

  • ワーホリビザ申請代(約2~3万)
  • 航空券(往復20万弱)
  • 海外保険(約20万程度)
  • 語学学校の授業料(月10万程度)
  • 生活費(月10万以上)

約200万程度の用意が必要になります。

みなさんのワーキングホリデーのプランニングにぜひ参考にしてみてください。



スポンサーリンク

ABOUT ME
アバター
ミキ
看護師をしながら海外生活を目指し、Webデザインと英語を勉強中。看護師関連、海外渡航関連、Webデザインなど幅広く発信中。世界中どこにいても仕事出来るようになるのが夢。