ワーホリ

ワーキングホリデーとは何か?【ポイントも紹介】

ワーキングホリデーってよく聞くけどどういうものなの?
と疑問をもたれている方もいるのではないのでしょうか。
今日は
  • 「ワーキングホリデーとは何か」
  • 「ワーキングホリデーのポイント」

について簡単にお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

ワーキングホリデーとは


最近よく耳にするワーキングホリデーとはそもそも何なのかということです。

「 ワーキング・ホリデー制度とは,二国・地域間の取決め等に基づき,各々が,相手国・地域の青少年に対し,休暇目的の入国及び滞在期間中における旅行・滞在資金を補うための付随的な就労を認める制度です。」

と堅苦しいことが外務省のホームページに記載されています。

その国のワーキングホリデービザ(査証)を申請しこれを利用することで「休暇を楽しみながら、滞在費を稼ぐために現地での就労が認められる」という制度です。

協定を結んだ2国間の相互理解を深め、文化交流を促進することを趣旨としています。
現在、日本はこのワーキングホリデー協定を26か国の国と地域で導入しています
(2020年4月1日現在)

国や地域により、年齢制限や申請回数の制限など様々誓約があります。
毎年何千人もの人がこの制度を利用して外国で勉強、仕事、休暇を楽しんでいます。

参考:ワーキングホリデー制度(外務省)

ワーキングホリデーの3つの特徴


続いてワーキングホリデーのポイントについてお話しします。
大きく分けて以下の3つに分けられます。

・海外で自由に滞在できる
・チャンスが限られる。(年齢・申請回数)
・費用を抑えて滞在できる

海外で自由に滞在できる

自由にというのはどのようなことができるのかと気になりますよね。

ざっくり分けて3つです。勉強・仕事・観光 です。

国によって通学期間などに制限がありますが、ワーキングホリデーの期間には語学学校や専門学校に通うことができます。

ワーキングホリデー協定では、就労が認められています。
国によって異なりますが、アルバイト、正社員など、様々なポジションで働くことができます。

正社員にもなれるというのは私もこの機会に初めて知りました。

そして長期滞在なので、その国を一周したり、大陸横断なんていうのもできちゃいますよね。観光し放題ですね。

チャンスが限られる(年齢・申請回数)

ワーキングホリデービザ(査証)の申請は、ほとんどの国で18~30歳の青少年と定められており、申請回数も1回までとしているところが多いです。

費用を抑えて滞在できる

上記でも話しましたが、ワーキングホリデーでは働きながら滞在することが可能です。

海外留学と聞くとやはり最も気になるのは費用です。
わたしもこのあたりには散々悩まされました。
語学留学と異なるビザ(査証)なので、現地で就労できるというのは滞在費用を補填してくれるので助かりますよね。

まとめ


ワーイングホリデーとは何かわかりましたか。

一生に一度しかないチャンスもあります。
ぜひ挑戦してほしいです。

ワーキングホリデーの国選びのポイント【人気5か国も紹介】現在、日本がワーキングホリデー協定を結んでいるのは「26の国と地域」です。 ワーキングホリデーをするにあたり最初に決めることは「ど...
【最低限の準備】ワーキングホリデー【プランニング方法】ワーキングホリデーをしようと決めたはいいものの。 とわからないことが多いですよね。 まず、ワーキングホリデーするうえ...
ワーキングホリデーの準備【日本で出来る英語学習】【大事なのは会話と継続】以前、ワーキングホリデーするにあたりいくつか準備が必要とお話ししました。 もちろん事務的準備は必要です。ですが、それだけでは不十分です...
ワーキングホリデー(ワーホリ)にかかる費用【1年間の場合】 ワーキングホリデー(以下ワーホリ)をするにあたり気になるのは「費用」ですよね。 また「ワーキングホリデーと...



スポンサーリンク

ABOUT ME
アバター
ミキ
看護師をしながら海外生活を目指し、Webデザインと英語を勉強中。看護師関連、海外渡航関連、Webデザインなど幅広く発信中。世界中どこにいても仕事出来るようになるのが夢。