健康

涼しい手作りマスク【100円ショップの手ぬぐいで簡単に作れる】

まだまだマスクが手放せない時期が続きます。

気温が上がってきてマスクが厚い。
涼しいマスクとか作れない?

そんな風に思っている方も多いのではないでしょうか。

マスクで熱中症なんていうことも起こりえます。

そんな悩みを解決できちゃいます。

わたし
わたし
そこで今回は「夏にも快適!100円ショップのアイテム(手ぬぐい)で作れる簡単手作りマスク」を紹介します。
わたし
わたし
手ぬぐいだから涼しいよ!
100円ショップの手ぬぐい1つでマスク2~3個は簡単に作れちゃいます
スポンサーリンク

用意するもの

  • 布(今回は100円ショップの手ぬぐいを使用しています)
  • アイロン
  • 糸と針(ミシン可)
  • ゴム
わたし
わたし
手ぬぐいは100円ショップで1つ買うと、マスクが2~3個は作れちゃう!!!なんてコスパが良いんだ!!!

ゴムは、マスク用が無ければ、「使い捨てマスクのゴム」を再利用しましょう。
髪ゴムや帽子あごひもゴムなども使えます。
今回は、髪ゴムのゴムを使用しました。

わたし
わたし
ネットでも売っているのでよければ参考にしてね!

型紙

型紙は以下のPDFファイルを使用してください。以下をクリックするとPDFファイルが開きます。

手作り手ぬぐいマスクの型紙

  • 型紙はA4用紙で印刷すると実寸大です。
  • 縫いしろ込みの型紙です。
  • 小さめがいい方は「縫いしろを多め」または「型紙を少し小さくして」使用してください。

作り方

布を切る

布を、型紙に合わせて小さい方と大きい方をそれぞれ2枚ずつ切って用意します。
わたし
わたし
マスクを実際付けると、大きい生地が表面に来るので大きい生地の方の柄は意識してね。

それぞれを中表にして合わせる

カーブの部分を縫う

小さい方も大きい方もそれぞれ縫ってください。(縫い代1㎝程度)

カーブ部分を折り返してアイロンをかける

先ほど縫ったところを、柄が見える様に折り返してアイロンがけします
両方とも折り返してください

小さい方と大きい方を中表にして合わせる

上下を縫う

上下縫っていきます。(縫い代1㎝程度)

生地を裏返す

両端を折り返す(1回目)

「小さい方の生地の端より少し内側」を目印にして、大きい方の端をその目印にくっつけるように折ります。

このときの「小さい方の生地の端より少し内側」を目印は写真の赤点線をさします。

もう一度折る(2回目)

今度は、さっきの目印(小さい方の生地の端より少し内側)を折り目にして折ります。

折り返したらきわを縫う(両サイド)

ここは縫い代はほとんどなく、きわを縫ってください。

ゴムを通す

ゴムの結び目は、中に入れて隠しましょう。

完成

手順をまとめると…

  1. 布を切る
  2. それぞれを中表にして合わせる
  3. カーブの部分を縫う
  4. カーブ部分を折り返してアイロンをかける
  5. 小さい方と大きい方を中表にして合わせ、上下を縫う
  6. 生地を裏返して、両端を2回折り返す
  7. 折り返したらきわを縫って
  8. ゴムを通して完成!

みなさんもぜひやってみください!

他にも「簡単プリーツマスク」の作り方も紹介しているので参考にどうぞ!

プリーツマスク作り【誰で簡単に作れる】新型コロナウイルス(COVID-19)が流行している今、マスク不足は依然続いているでしょう。手に入りにくくなっています。 しかしマ...

 

スポンサーリンク

ABOUT ME
アバター
ミキ
看護師をしながら海外生活を目指し、Webデザインと英語を勉強中。看護師関連、海外渡航関連、Webデザインなど幅広く発信中。世界中どこにいても仕事出来るようになるのが夢。