サイト制作

Webサイト制作の流れ【企画について詳しく教えて】

Webデザインをするとき、一番最初に行うのは「企画」です。

企画ってどういう風にやるの?
どういう内容にまとめればいいの?  

と思っている方も多いのではないでしょうか。

そもそもWeb制作の流れは

  1. 企画
  2. サイト設計
  3. ワイヤーフレーム制作
  4. モックアップ制作
  5. コーディング

となっています。

上記の大まかな内容については下記の記事をご覧ください。

Webデザインの流れ【初心者向け】今回はWebデザインの流れをお伝えします。 基本的にはWebデザインの流れは以下のようになります。 ①企画 ②サイ...

Web制作の中で、「企画」は重要な項目の1つです。

わたし
わたし
今回はWeb制作の流れの中で「企画」についてお話します。
スポンサーリンク

企画について

企画において重要なことは「より明確に」という視点です。

以下のことにポイントを置きます。

  • 目的
  • ターゲットユーザー
  • 顧客モチベーション
  • コンテンツ内容・ページ構成

Webサイトを作るきっかけは、他者からの依頼などで始まることが多いです。

他にも、新しく作る場合や既にあるWebサイトのリニューアルするケースもあるかもしれません。

クライアントの依頼で作ることになった際に、「クライアントの目的」「ゴールに沿った企画や設計」が必要になってきます。

そこで、上記のポイントをもとに、クライアントの要望を把握します。

これらを具体的にしておかないと、「なんとなく作ったサイト」になってしまいます。

目的

クライアントがどういう種類のサイトにしたいのかを把握します。

さらにサイトの効果やゴールも決めていきます。

サイトには

  • 商品情報サイト
  • コーポレートサイト
  • キャンペーンサイト

などいくつかの種類があります。

どのような種類のサイトを作るのかによってデザインも変わってくるので明確にしておきたい点です。

さらに、

Webサイトを制作することで、どのような効果を期待しているかも明らかにしておきたい点です。

  • イメージアップ
  • 認知度アップ
  • 売上げアップ

など目指す効果が異なります。

さらに最終的なゴールとして

ターゲットにどのようなアクションを期待するかも重要です。

  • サイト訪問自体がゴール
  • 会員登録をしてもらうのか
  • 商品購入まで至ることが目標

なのかなど、上記のような目標設定も必要になります。

ターゲットユーザー

ターゲットを絞ることでサイトのコンセプトやデザインが決まりやすくなります。

目的が決まると「どんな人がサイトに来るか」がイメージできます。

しかし、「世界中の人に見てもらいたい」「多くの人に見てもらいたい」など漠然としているとデザインが定まりません。

ターゲットを絞ることも重要と言えます。

例えば

  • 20代~30代の女性
  • コスメに興味のある人
  • OL向け
  • 商品の詳細な情報を知りたい人
  • スマフォで見ることが多い

など「年齢」「性別」「職業」だけでなく

「どういう人なのか」「利用する場所」なども明確にしておくと良いです。

これらを「ペルソナ」と呼ぶこともあります。

顧客モチベーション

顧客モチベーションとは、ターゲットユーザーがサイトを利用する理由や行動の予測のことをさします。

「ターゲットユーザーはどういう時にサイトに来るのか」という理由や行動を予測しておけば、

  • コンテンツ内容
  • ページ構成

が明らかになり、

どうしたらその情報にたどり着きやすいかが分かります。

ターゲットユーザーの情報の探し方に合わせて、「スムーズに目的のページにたどり着けるようにする」ことも、使いやすさの1つです。
わたし
わたし
買い物が目的なのに、カートボタンや購入画面がわかりにくい(たどり着きにくい)サイトは使いづらいですよね。

そういった使いやすさを含めて、「ターゲットユーザーの立場になって考える」ことが重要になります。

コンテンツとページ構成を決める

サイトマップの制作に近いものがあります。

「ターゲットユーザー」や「顧客モチベーション」の内容を踏まえて、必要なコンテンツや、並び順を考えておきます。

ターゲットユーザーが必要とする情報を的確に配置し、「見た目や印象」と合わせてデザインすることでより説得力のあるサイトになります。

  • トップページ:ナビゲーションや新着・おすすめ情報の提示
  • 商品情報ページ(サービス紹介):商品一覧、商品詳細
  • 会社の概要ページ:お問い合わせ、地図など

ページごとに必要情報などを箇条書きにして抽出していくとわかりやすいです。

まとめ

「企画」においては

  • 目的
  • ターゲットユーザー
  • 顧客モチベーション
  • コンテンツ内容・ページ構成

にポイントを置いて明確な内容にしていくことが重要です。

サイトの目的(サイトの種類・効果・ゴールなど)を決め、

「ターゲットユーザー」を具体的に絞ります。

そしてその「ターゲットユーザー」のサイト訪問の理由や行動を予測しておくことでより使いやすいサイトに繋がります。

これらを踏まえて必要なコンテンツやページを考えることで、サイトの全体像が見えてくるわけです。

わたし
わたし
私もこの「企画」の重要性は感じています。より明確にしておくことで、方向性を見失うことがなくなります。

ぜひ参考にしてみてください。

意外と知らない?Webサイトの種類 Webサイトの制作にあたって、Webサイトの種類を知っておくことは必要になります。 今回は「Webサイトの種類」について解...
Webデザインの流れ【初心者向け】今回はWebデザインの流れをお伝えします。 基本的にはWebデザインの流れは以下のようになります。 ①企画 ②サイ...
Webデザインはなぜ必要か【Webデザインの概要とサイト設計で大事なこと】 Webデザイナーを目指して思っているみなさん。 そもそも「Webデザイナとは何か」と思っている方も多いかもしれません。...
スポンサーリンク

ABOUT ME
アバター
ミキ
看護師をしながら海外生活を目指し、Webデザインと英語を勉強中。看護師関連、海外渡航関連、Webデザインなど幅広く発信中。世界中どこにいても仕事出来るようになるのが夢。