健康

プリーツマスク作り【誰で簡単に作れる】

新型コロナウイルス(COVID-19)が流行している今、マスク不足は依然続いているでしょう。手に入りにくくなっています。

しかしマスクは意外と簡単に作れるんです。

材料も品薄状態。

それでも色々と使えるものはあります。

わたし
わたし
今回は、「お家で簡単に作ることのできるプリーツマスク」について紹介します。これを機に作ってみませんか。
スポンサーリンク

材料


・布1枚(サイズは後で記載)
生地やガーゼ布も品薄状態な今、不要になった洋服(赤ちゃん等)などを切ってもいいと思います。地厚のものは呼吸がしずらいのと手縫いがしずらいのでオススメはしません。
ゴム
マスク用が無ければ、使い捨てマスクのゴムを切って再利用しましょう。

髪ゴムや帽子あごひもゴムなども使えます。
糸と針(ミシンがある方はミシンでOK
※プラスアルファでOK
針金
(鼻のところに針金を入れたい方は、使い捨てマスクの針金を再利用しましょう。)

今回はアイロンは使っていません。

作り方


布を切る

布は切っていきます。以下の大きさで用意してください。
切るサイズは子供・大人(小さめ)・大人で好きなものをどうぞ。
どのサイズも作り方は同じです。
全く同じでなくてもOKです。好みに合わせて調節も可能です。

・大人:縦24㎝×横18㎝
・大人(小さめ):縦20㎝×横16㎝
・子供:縦18㎝×横15㎝
今回は、大人用サイズで作っていきます。
用意する布はこんな感じです。
万が一、上記のサイズで用意が出来なければ
大人用なら縦12㎝×横18㎝を2セットでも作れます。
上記は1つの布を半分に折り曲げて使うためです。
なので縦の長さは半分にしたもの2つで代用できます。
横の長さは既定の分用意してください。
※このようにして2つ折りして使うためです。

布を中表にして半分に合わせる

それぞれの布の中表にして(表面(柄の方))合わせるようにして重ねます。

縫います

長い方の辺を縫います
縫いしろは1㎝弱くらいで大丈夫です。
わっかになっていない方を閉じるような形で縫ってください。

もし先ほど、布を半分サイズ2枚で用意された方は、長辺を2か所(筒のようになるように)縫ってください。

ひっくり返します

布を表面にひっくり返します。(柄が表になります)

針金を鼻の部分に入れたい方は、もう一か所縫ってください。
先ほど縫った方とは逆の、ループになっている側です。
この時、針金が通る幅にしてください。
柄に上下ある場合は、鼻側にくる方を縫ってください。

プリーツを作る

プリーツを織り込みます。
プリーツは3段くらいでいいです。(この辺りは好みです。)
等間隔になるようにすると見栄えはいいです。

・布が小さくなってしまった場合や、逆に大きすぎる場合は、このプリーツの幅で調整できます。
・まち針などでプリーツを一時的に抑えてるとやりやすいです。
・アイロンがけをすると作業がしやすいですが、針金を使用している人は使用に注意してください。

ひっくり返して見ると…

両サイドを内側に織り込んで縫う

両サイドをマスク内側に織り込んで、縫います。
縫いしろはこれも1㎝くらいです。

・あまり縫いしろが狭すぎると、ひもが通しづらくなります。
・逆に幅が広すぎるとマスクがどんどん小さくなってしまいます。

マスクにゴムを通す

ゴムを通します。ゴム通しが無ければ、ヘアピンなど使っても出来ます。
ゴムを一度通し、軽く結んでから、長さは調整してください。
調整し長さを決めたら結んで、結び目は生地の中にしまいましょう。

今回は、帽子ひもを使ってみました。

完成

完成です!

洋服に合わせて、生地を選んでおしゃれを楽しむのも1つです。
まだまだ大変な時期は続きますが、楽しみながらというのもありではないでしょうか。

わたし
わたし
つけてみると、こんな感じです。

ぜひお家で実践してみてください。

涼しい手作りマスク【100円ショップの手ぬぐいで簡単に作れる】まだまだマスクが手放せない時期が続きます。 そんな風に思っている方も多いのではないでしょうか。 マスクで熱中...
スポンサーリンク

ABOUT ME
アバター
ミキ
看護師をしながら海外生活を目指し、Webデザインと英語を勉強中。看護師関連、海外渡航関連、Webデザインなど幅広く発信中。世界中どこにいても仕事出来るようになるのが夢。