英語勉強

誰でも出来る英会話術【簡単に伝える方法とトレーニング法】

手軽にオンライン英会話を始められるようになり、英語を始める人が増えています。

しかし

いざ話そうとしても、英語が出てこない。
学生時代に習った単語や熟語を引っ張り出そうとしても出てこない。

という方も多いのではないでしょうか。

この記事は

  • 英会話を始めたばかりの初心者
  • これから英会話を始めようとしている人
  • 英会話に悩んでいる人
  • つい長々とした英文を使ってしまう人
  • 話そうとしても英語が浮かばない人
  • 忙しくて英会話を勉強する時間がない人

向けの記事です。

今回は

わたし
わたし
英語初心者から日常会話が出来るようになった私が、「誰でも簡単に話せる英会話」についてお話しします。
スポンサーリンク

日本人が英会話を苦手とする理由

日本人は「かっこよい文章」を作って話そうとしています。

学校で学習した英語を使って「話したい日本語に正確に訳す」という構えが英会話上達の壁となってます。

日常生活で私たちが会話している時、1、2秒間隔でやり取りしていますよね。

なので、3秒以上の間隔のやり取りにはもどかしさを感じるでしょう。

英会話も同じです。

3秒以内に返事が出来ることが良いです。

日本人は

  • 文章の構文(SVOO、SVOC、受動態など)
  • 時制
  • 冠詞(a、the)

などに注意を払っているうちに3秒以上たってしまうわけです。

「複雑な英文」=「伝わる英語」とは限りません。

誰でも簡単に出来る英会話術=「シンプルに話す」

前述したように

日本人はつい、「かっこよい文章」を作って話そうとしています。

スムーズに会話ができるためには、「シンプルに話す」ことが重要です。

難しい単語・難しい文章構造は無視して、「シンプル」に話しましょう。

シンプルに話すコツ
  1. 知っている単語を使う
  2. シンプルな3語の文章を作る
  3. 難しい構文はやめる
  4. 主語・動詞を適切に選ぶ

これが重要です。

それぞれ解説しています。

知っている単語を使う

知っている単語を使うだけでも十分に伝わります。

自分が知っている「簡単な単語」を思い出しましょう。

中学英語レベルの知識があれば十分と言われています。

シンプルな3語の文章を作る

文章は「主語(S)+動詞(V)+目的語(O)」という3語で伝えましょう。

文章を複雑に考えすぎると

  • 何を言おうとしているかわからなくなる
  • ミスも増える
  • 余計伝わりづらいこともある

というデメリットがあります。

まずは「主語(S)+動詞(V)+目的語(O)」という3語を使いましょう。

  • 主語(S):「~が」
  • 動詞(V):「~する」
  • 目的語(O):「~を」

というシンプルな形を意識しましょう。

(例)「私の仕事は英語講師です」 と言う場合

My job in an English teacher.

I teach English.

前者は、やや回りくどい。

後者の方が「冠詞(a、an、the)のことを考えなくて良い」です。

そして3語で言えるため、シンプルですね。

もう1つ例を見てみましょう。

(例)「私は「ビートルズ(The Beatles)」の大ファンです」 と言う場合

I am a big fan of The Beatles.

I love The Beatles.

後者でも十分伝わります。

難しい構文はやめる

文章の構文を使っていませんか?

  • SVOO、SVOCなど
  • 受動態
  • if~、when~
難しい構文を使おうとすることで、「文章が長くなり、難しくさせる」のです。

学生時代にこれらの文法は習ってきましたが、

難しい構文は、「伝えたいことが文の後半に来てしまう」傾向にあります。

長々とした文章は

相手を「回りくどいな」「何が言いたいんだろうか」という気持ちにさせます。

主語・動詞を適切に選ぶ

シンプルな文章こそ、単語の選択が重要になります。

適切な主語・動詞を選ぶことで、シンプルでも明確に伝えることができます。

主語や動詞の選び方は後述で詳しく解説します。

日本人がやりがちな英会話

  • 難しい表現を使おうとする
  • be動詞「~です」を多用しがち

があります。

1つ目は前述でも話しましたのでこちらでは割愛します。

2つ目のbe動詞「~です」についてです。

これは日本語が「○○は△△です。」という文章が多いため、

直訳した際に、be動詞「~です」という表現をよく使ってしまうのです。

身近なことに関して例を挙げると、

  • 私の家は駅の近くにあります。

日本人→My house is near the station.

ネイティブ→I live near the station.

  • 昼食はおいしかった。

日本人→The lunch was very delicious.

ネイティブ→I ate a delicious lunch.

  • 私の犬はチワワです。

日本人→My dog is a Chihuahua.

ネイティブ→I have a Chihuahua.

わたし
わたし
意外と多用していませんか?

一般動詞を使い分けることでバリエーションを増やしましょう。

シンプルに話すための「主語」「動詞」の選び方

「主語は4つ」「動詞は万能なもの」から選びましょう。

主語について

主語は4つから選びます。

主語は4つから選ぶ
  • 人(I、Weなど)
  • 動作(~ing形)
  • This

英語は「日本語のように主語を省略する」ことがありません。

主語を適切に選択することは、「主語のあとに繋がる動詞」にも重要となります。

動詞について

万能な動詞を押さえましょう。

万能な動詞
  • have
  • use
  • need

これらは使える動詞TOP3です。

これらは簡単だけど、明確な意味をもつ動詞です。

have:持っている、飼っている、身に付けている など

(例)

  • I have fun.(楽しい)
  • I’ll have coffee.(コーヒーをお願いします。)
  • This product has problems.(この製品は問題がある。)

use:使う、用いる、使用する など

(例)

  • I use Twitter.(Twitterをやっています。)

need:~を必要とする、~が欠かせない、~を求める など

(例)

  • I need time.(時間が必要です。)
  • I need a blanket.(毛布をください。)

主語に続く動詞はとても重要です。

複数の意味があり、あらゆる主語に対応できる便利な動詞を選びましょう。

シンプル英会話に使える「動詞」TOP10

  1. have
  2. use
  3. need
  4. find
  5. show
  6. like
  7. enjoy
  8. include
  9. interest
  10. take

シンプルに話すためのトレーニング方法

目に見える身近なことを英文にしてみましょう。

例えば

電車の中で

  • 学生がイヤホンをつけている。
  • 彼が傘を持っている。

カフェなどで

  • 女性がジュースを飲んでいる。

など目にするでしょう。

こういったことを英文にしてみるのです。

  • The student uses earphones.
  • He has an umbrella.
  • The woman drinks juice.

シンプルな英文が出来上がります。

わたし
わたし
日常に見たことを英語に変えることで、「英語を普段でも使える脳」になってきます。

まとめ

まとめ
  • 日本人が英会話を苦手とするのは「複雑な英文」を作ろうとしている
  • シンプルな英語を目指そう
    ❶知っている単語を使う
    ❷シンプルな3語の文章を作る
    ❸難しい構文はやめる
    ❹主語、動詞を適切に選ぶ
  • 「be動詞」を多用しすぎない
  • 「主語は4つ」「動詞は万能なもの」から選ぼう
  • 目に見える身近なことを英文にしてトレーニングしよう

ぜひこれを実践して、苦手意識を取り除いていきましょう。

オンライン英会話が「続かない理由」と「続けるコツ」を9か月毎日続けた私が徹底解説 と悩んでいる方は多いのではないでしょうか。 オンライン英会話が「続かない人」の実態について オンライン英...
スポンサーリンク

ABOUT ME
アバター
ミキ
看護師をしながら海外生活を目指し、Webデザインと英語を勉強中。看護師関連、海外渡航関連、Webデザインなど幅広く発信中。世界中どこにいても仕事出来るようになるのが夢。